THE FLANDRE MAGAZINE | フランドルマガジン

  • Facebook
  • twitter
  • instagram

MENU

  1. HOME
  2. 旅行・おでかけ
  3. ハワイでおすすめの観光|オアフ島で絶対に外せない4つの楽しみ方

ハワイでおすすめの観光|オアフ島で絶対に外せない4つの楽しみ方

旅行・おでかけ


自然が生み出す美しい景色や、ローカルグルメが魅力のハワイ。日本から飛行機で約7時間の場所にあるため、海外旅行初心者でも気軽に行けます。夕日を眺めながらゆったりと食事を楽しんだり、伝統的なマッサージで日ごろの疲れを癒したりなど、過ごし方もさまざま です。
次の連休は、仲の良い友人や旦那さんと一緒にハワイ旅行を堪能しませんか?
今回は、ハワイ観光をより楽しむためにおさえておきたい4つのポイントをご紹介します。

【目次】
1.ハワイの楽しみ方1:美しい景色を眺める
2.ハワイの楽しみ方2:現地のグルメを堪能する
3.ハワイの楽しみ方3:ダンスショーを見る
4.ハワイの楽しみ方4:マッサージでリラックスする
5.何度でも訪れたくなる、ハワイの奥深い魅力

ハワイの楽しみ方1:美しい景色を眺める

ハワイに着いたら、真っ青な海と空、海に沈む夕日、宝石箱のような夜景など、癒し度満点の絶景スポットは見逃せません。

●サンドバー
真っ白な砂浜と青い海のコントラストが美しい「サンドバー」は、“天使の海”や“天国の海”と称されるハワイ有数の人気スポットです。
サンドバーとは、引き潮の際に現れる海底の白砂のことで、見られるのは干潮のわずかな時間だけ。運良くタイミングが合えば、海の真ん中にできた白い砂浜を歩くことができます。
サンドバーへは許可されたボートでしか行くことができないので、行きたい場合は事前にツアーの予約が不可欠です。

●ラニカイビーチ
「全米で最も美しいビーチ」に選ばれている「ラニカイビーチ」は、ターコイズブルーの海と白い砂浜という、ハワイらしい景色を堪能できる絶景スポットの一つ。
透明度の高い海水が砂浜に打ち寄せる様子は、何時間見ていても飽きることはないでしょう。写真を撮るもよし、昼寝をするもよし、時間を忘れてのんびり過ごしたい人におすすめです。
公共ビーチではないため、プライベート感も満喫できますが、訪れる際はパラソルやござ、シート、タオルなどを持参することを忘れないようにしましょう。

●ダイヤモンドヘッド
ハワイのシンボルとしても有名な「ダイヤモンドヘッド」を訪れるなら、麓からではなく、山頂からの景色を堪能してください。ワイキキの街並みや眼下に広がる海など、解放感抜群の絶景を見ることができます。
ちなみに、ダイヤモンドヘッドは標高232メートルなので、山頂までのんびり登っても約2時間で往復可能です。訪れる際には、履きなれたスニーカーと水分補給用のドリンクをお忘れなく。

●サンセットビーチ
オアフ島の北部「ノースショア」にある「サンセットビーチ」は、その名の通り、海に沈む美しい夕日が評判です。波も穏やかで静かなビーチなので、日常の喧騒から逃れたい人におすすめ。何もせず、ただ波の音を聞きながら夕日を眺めるのも、ハワイならではの贅沢な時間の過ごし方です。
ただし、夕日が完全に沈みきるまでビーチにいると、帰り道が真っ暗になってしまうことがあります。訪れる際は暗くなる前に引き上げるなど、注意が必要です。

●タンタラスの丘
ハワイで美しい夜景を見たいなら、「タンタラスの丘」がおすすめです。ハワイには日本のような色とりどりのネオンがなく、白い電灯色が中心のため、タンタラスの丘からは白い光一色の幻想的な夜景を一望できます。天気が良ければ、ダイヤモンドヘッドやパールハーバーまで見渡すこともできます。

ハワイの楽しみ方2:現地のグルメを堪能する

アサイーボウルやパンケーキなど、ハワイは女心をくすぐる食べ物の宝庫です。ハワイを訪れるなら絶対に食べておきたい、代表的な5つのメニューをご紹介します。

●ロコモコ
日本でも手番になりつつありますが、本場でこそ食べてほしい、ランチにおすすめの一品。ご飯の上にハンバーグ・目玉焼き・グレービーソースがトッピングされたハワイのローカルフードです。
グレービーソースとは、ハンバーグを焼いたときに染み出る肉汁にワインなどを加えて作ったソースのことで、ジューシーな風味が魅力です。
レストランによっては、目玉焼きの焼き加減を選べたり、ライスを雑穀に変更したりすることもできるので、お気に入りのお店を探してみてはいかがでしょうか。

●ポキ丼
ハワイでシーフードを堪能したいなら、「ポキ丼」を食べに行きましょう。
「ポキ(ハワイ語で「ポケ」)」とは日本語の「切り身」を指す言葉で、新鮮な魚の切り身を、ネギや海藻と一緒に醤油で和えたものです。
中でも日本人に人気なのが、マグロ(ハワイ語で「アヒ」)を使ったポキ丼。海から揚がったばかりのマグロは臭みがなく、味も濃厚でおいしいという特徴があります。
レストランによっては酢飯を使っているところもあるので、さっぱりとしたものが食べたいときや、ヘルシーなランチにしたい日などにおすすめです。

●アサイーボウル
ポキ丼と同じく「美容に良い」と女性に人気のアサイーボウルは、ハワイの定番朝食メニューの一つです。
本場のアサイーボウルには、グラノーラやマカダミアナッツのほか、バナナやパイナップルなど南国ならではのフレッシュなフルーツがたくさん使われています。ビタミン補給ができるので、日焼けした肌のケアにも最適。また、カロリー控えめのヘルシーな料理のため、ダイエット食にもぴったりです。

●ガーリックシュリンプ
にんにく好きな人におすすめしたいのが、ハワイ名物・ガーリックシュリンプ。新鮮なえびを、にんにくやバター、オリーブオイルなどで炒めた料理は、食欲をそそる一品です。
ハワイには「シュリンプ・トラック」と呼ばれるガーリックシュリンプ専門の屋台が多く出ていて、ランチ用にテイクアウトすることもできます。きれいな海を見ながら味わうガーリックシュリンプとビールは絶品です。

●パンケーキ
ハワイのパンケーキの特徴は、フレッシュなフルーツとボリュームの大きさです。たっぷり盛られた生クリームや色鮮やかなフルーツは、スイーツ好きな女性にとってはたまりません。
人気店の中には予約やテイクアウトができるところもあるので、お目当てのお店がある場合は事前にチェックしておきましょう。

ハワイの楽しみ方3:ダンスショーを見る

ハワイでは、定番のフラダンスをはじめ、迫力満点のファイアーダンスやハワイアンショーなど、バラエティ豊かなショーを楽しむことができます。

●ポリネシアンダンスとは
ポリネシアンダンスとは、ポリネシア文化圏(ハワイ・タヒチ・サモアなど)で踊られている伝統的な踊りの総称です。

ポリネシアンダンスの中でも特に有名なのがハワイで踊り継がれている「フラダンス」で、昔からの伝統を守り続けているものをカヒコ(古典フラ)、観光用に現代風のアレンジを加えられたものをアウアナ(現代フラ)と呼んでいます。
どちらのダンスも、ゆったりとした動きと、音楽と詩の意味を表現する手話が特徴です。

一方、激しく腰を動かす踊りは「タヒチアンダンス」で、フラと区別されます。タヒチアンダンスも大きく2つの種類に分かれていて、動きの激しいものが「オテア」、フラと同じように手話で表現されるものが「アパリマ」です。

●ダンスショーを見られる「ルアウ」
ルアウとは、ハワイ語で「宴」という意味で、ハワイの伝統料理やダンスショーを楽しめる場所のことです。観光客に人気の、3つのルアウをご紹介します。

・ロイヤル・ハワイアン
「ロイヤル ハワイアン ホテル」で開催されているルアウは、ワイキキビーチとダイヤモンドヘッドをバックに、食事・歌・フラダンスショーを楽しめることから、観光客に人気です。
おいしいハワイ料理を味わった後は、フラダンスや歌などのショーを通して、ハワイの歴史と文化を追体験することができます。

住所:2259 Kalakaua Ave, Honolulu, HI 96815
公式サイト:http://jp.royal-hawaiian.com/

・ジャーメイン・ルアウ
アメリカの「ベストルアウ100」にも選出されたことがある「ジャーメイン・ルアウ」では、古き良きハワイの伝統的なルアウを体験することができます。
ワイキキから少し離れた立地にあり、日本人観光客が少ないため、現地のアットホームな雰囲気を体感できます。
また、ジャーメイン・ルアウでは伝統的なポリネシアンショーのほか、貝レイでの歓迎や、オーブンからローストピッグを取り出すシーンの見学などの体験もできます。

住所:91-119 Olai St, Kapolei, HI 96707
公式サイト:http://www.germainesluau.com/

・ポリネシア・カルチャー・センター
100名以上のキャストによって繰り広げられる華やかなショーは圧巻もの。伝統的なポリネシアンダンスをはじめ、ファイヤーナイフ・ダンスや、ロマンチックなスローダンスなど、ポリネシアンダンスの魅力がぎゅっと凝縮されたショーを楽しむことができます。
ちなみに、ポリネシア・カルチャー・センターの料理を担当するのは、ノルウェー国王バンケット料理長も務めた経験を持つ敏腕シェフで、食事のクオリティもお墨付きです。

住所:55-370 Kamehameha Hwy, Laie, HI 96762
公式サイト:http://polynesia.jp/

ハワイの楽しみ方4:マッサージでリラックスする

心身ともに癒されたいなら、ハワイ伝統のロミロミマッサージを試してみてはいかがでしょうか。リラックスできるだけでなく、デトックスや美容効果も満点です。

●ロミロミマッサージとは
ロミロミとは、古くからハワイに伝わるヒーリングマッサージの一つで、自然のエネルギー「マナ」の力を借り、体の中に眠っているパワーや自然治癒力を引き出すことが目的です。元々は神事や医療行為として行われていた特別な施術であったことから、「世界で最もスピリチュアルなヒーリングマッサージ」とも称されています。

腕全体を使ってリンパマッサージを行い、筋肉に直接アプローチすることによって、こりの解消や体内に溜まった老廃物を排出する効果があるとされています。
疲れやストレスを感じやすい人、肩こりや腰痛に悩んでいる人におすすめです。

●ロミロミマッサージを受けられるスパ
・ナ ホオラ スパ
「ハイアットリージェンシーワイキキ」内にある「ナ ホオラ スパ」は、高級ホテルならではのラグジュアリーな雰囲気が魅力です。ワイキキビーチを見渡せるトリートメントルームで、本格的なロミロミマッサージを体験できます。
二人一緒にマッサージを受けられる部屋も用意されているので、カップルや友達同士で施術を受けることも可能です。
オプショナルツアーなどを利用して事前に予約をしておけば、通常料金よりも安くマッサージを受けられるため、お得です。

住所:2424 Kalakaua Ave, Honolulu, HI 96825
公式サイト:http://jp.nahoolaspawaikiki.com/

・モアナ ラニ スパ
「ウェスティンリゾート&スパ」内にある「モアナ ラニ スパ」は、ホノルルの地元誌で3年連続で読者が選ぶ「ベストスパ」に選出されるなど、通な人に人気のスポットです。
施術の最初と最後にチャント(祈り)を唱えるなど、ヒーリング効果を重視したメニューになっています。ハワイの文化やスピリチュアルな雰囲気も体感できるでしょう。
通常料金よりもお得にマッサージを受けられるので、オプショナルツアーなどを利用して事前に予約をしておきましょう。

住所:2365 Kalakaua Ave, Honolulu, HI 96815
公式サイト:http://jp.moanalanispa.com/

・リフレ ハワイ
英語が苦手な人や、海外でマッサージを受けることに不安を感じている人におすすめなのが、「リフレ ハワイ」です。
スタッフは全員日本人なので、体の状態や悩みなどについて詳しく相談できます。
また、日本円での支払いにも対応しているので、旅行中に現地の通貨を使い切ってしまった場合でも安心。
日本からの予約受付も行っているので、現地に着いたらまずロミロミマッサージでフライトの疲れを癒す、という活用の仕方もあります。

住所:2155 Kalakaua Ave, Suite 600, Honolulu, HI 96815
公式サイト:http://www.reflehawaii.com/

何度でも訪れたくなる、ハワイの奥深い魅力

年間を通じて温暖な気候のハワイでは、東京よりも時間がゆっくり流れるような錯覚を覚えます。日常の忙しさを忘れて、心身をリフレッシュするのにぴったりの旅行先といえるでしょう。日中に素晴らしい景色やショッピング、おいしい食べ物を堪能したら、夜はフラダンスやロミロミマッサージでハワイの伝統を感じてください。
一度ですべて満喫できないという人は、繰り返し行ってみるのも良いでしょう。何度訪れても、ハワイの奥深い魅力を再発見できるに違いありません。