THE FLANDRE MAGAZINE | フランドルマガジン

  • Facebook
  • twitter
  • instagram

MENU

  1. HOME
  2. その他・ライフスタイル
  3. 冷蔵庫の収納術|時短にもつながる、すっきりおしゃれな中身を実現!

冷蔵庫の収納術|時短にもつながる、すっきりおしゃれな中身を実現!

その他・ライフスタイル


買ってきた食材を保管したり、作った料理を保存したりできる冷蔵庫は、主婦にとってなくてはならない存在です。
ただ、毎日よく利用するものだけに、「もっと使いやすく置き場所や動線を整えたい」「必要なものをすぐに取り出せるように整理したい」「食材を極力無駄にしないようにしたい」といった悩みや改善点も尽きないのではないでしょうか。
今回は、おいしい食事で家族の健康をサポートしている主婦のために、時短ができて、おしゃれで便利な冷蔵庫の賢い収納術をご紹介します。

【目次】
1.何がどこにあるかひと目でわかるように
2.使いやすいだけでなく、おしゃれな雰囲気をプラス
3.100円ショップの便利アイテムを有効活用
4.家事の効率化はすっきりおしゃれな冷蔵庫から

何がどこにあるかひと目でわかるように

冷蔵庫の中でも一番使用頻度の高い場所は「冷蔵室」です。普段から冷蔵室を整理整頓し、どこに何が置いてあるのかすぐにわかるように収納するのが、冷蔵庫を使いやすくするポイントです。

●料理は中身が見える容器で保管
残ったおかずや作り置き、下ごしらえした食材などは、中身が見える透明な容器に入れて保存するようにしましょう。冷蔵庫の扉を開けたときに、探しているものをすぐに見つけることができ、中身の残量もひと目でわかるからです。そうすることで、足りているものと新しく買い足すものを把握しやすくなり、食材を重複して購入するという無駄がなくなります。
保存容器には、食材名や料理名、作った日にちなどを書いたラベルを貼っておくと、より探しやすく、傷む前に使い切ることができます。
ラベリングには、マスキングテープを使うのがおすすめです。剥がしやすいため何度でも貼り直しが可能な上、お気に入りのデザインのテープで冷蔵庫内をおしゃれにできます。

●チューブ類は立てて保管
調味料やペースト、薬味などが入ったチューブ類は、便利に使える分、たくさん買ってしまいがち。チューブの太さや長さが一律ではないので、きれいに収納するのはなかなか難しいのですが、立てた状態でまとめて保管できるような容器を準備すれば、必要なときにすぐに見つけて取り出せるでしょう。

●すべてのものの置き場所を決める
普段から、冷蔵庫内のどこに何を置くかを決めておけば、食事の用意をする際も、ものを探す時間を短縮できます。

置き場所は、使用頻度や食材の性質などによって決めていくと、使い勝手が良くなります。
例えば、扉を開けてすぐの、一番目につき取り出しやすい中段と下段には、使用頻度の高い食材や消費期限の短い食品を入れ、使い忘れを防ぎましょう。
反対に、あまり目の行き届かない上段には、消費期限が長い乾物や粉もの、普段あまり使わない調味料や、ペットボトルのストックなどをしまうのがおすすめです。

使いやすいだけでなく、おしゃれな雰囲気をプラス

扉を開けた瞬間に生活感があふれ出てしまいがちな冷蔵庫も、ちょっとの工夫でおしゃれに生まれ変わります。

●収納アイテムに統一性を持たせる
作り置きを入れておくタッパーをはじめ、乾物や粉ものを入れておくビン、ドレッシングや調味料を入れておくボトルなどは、色や素材感、形状を統一しましょう。そうすることで冷蔵庫内が一気におしゃれに見えます。
タッパーを使用するのであれば、同じメーカーのものや同じ商品でそろえることをおすすめします。見栄えが良いだけでなく、同じ大きさのものを重ねることですっきりきれいに収まります。

●生野菜を紙袋に入れる
野菜によっては、土が付いたままになっていて、冷蔵庫内が汚れてしまうことがあります。その度に掃除するのは面倒な上、野菜室の扉や引き出しを開けたまま掃除をすると電気代もかさみます。それでは、かごやボックスで保管すれば良いのかというと、高さやサイズがぴったりのものを見つけるのはなかなか大変です。
そんなときは、紙袋を簡易的な仕切りケースのように使ってみましょう。新聞紙を折って簡易的なボックスを作るのでも良いですが、手提げの紙袋を再利用するのが簡単です。紙袋なら、土や水分などで汚れても、惜しげもなく交換できる上、同じような色合いの紙袋で統一すれば見た目もおしゃれになります。

準備はとても簡単で、紙袋を野菜室の引き出しの高さに合わせてカットするだけです。取っ手のひもは、引き出しの開け閉めの際に引っかかる可能性があるので、ひもが付いた折り返し部分ごとカットします。もし紙の厚みや強度に不安があるようなら、引き出しの高さよりも長めにカットし、内側に折り返してください。紙が二重になり、しっかり立ち上がります。
野菜の種類や形、作る料理や用途によって仕分けると、より使いやすい野菜室が完成します。

●見せたくないものはバスケットの中に入れる
半端に残ってしまった使いかけの食材をそのまま冷蔵庫にしまうと、見た目があまり美しくありません。そういった場合は、使いかけの食材専用のバスケットを準備し、その中にまとめて収納しましょう。整えた冷蔵庫内の美観を損なうことなく、食材を最後まで使い切ることができます。
内袋が付いているものなど、外から中身が見えないタイプのバスケットが理想的ですが、半透明のボックスや中身が見えてしまう作りの場合は、ハンカチやキッチンクロスをバスケットに被せれば、目隠しになり、見た目もおしゃれです。

100円ショップの便利アイテムを有効活用

冷蔵庫の中をおしゃれに見せるポイントは、収納アイテムに統一性を持たせることです。その際、手頃な値段ですぐ手に入る100円ショップのグッズを活用すると便利です。

●書類トレー
高さの低いトレータイプの書類ケースは、瓶入りの調味料やバターなど、背丈の低いパッケージの食材の収納に便利です。
棚の奥まで無駄なく使えるので隅々まで目が行き届き、知らない間に食材の消費期限が切れてしまうということも避けられるでしょう。

●取っ手付きのクリアケース
書類用ではなく、ある程度奥行きのあるタイプを選んでください。
毎朝食べるヨーグルトやバター、ジャムなどをまとめた「朝食セット」、お弁当の調理に使う食材や解凍中の冷凍食品などをまとめた「お弁当セット」、傷みやすい食材や消費期限が短い食材だけを集めた「賞味期限が迫っている食材セット」など、一緒に使う頻度が高いものをひとつのケースにまとめておくと、前準備にかかる時間を短縮できて便利です。まとめて収納できたら、名前を書いたマスキングテープを見やすい位置に貼っておきましょう。

●ブックエンド
小さいサイズのブックエンドは、チューブタイプの調味料やスティック状のパッケージの食材を、ドアポケットなどに倒れないよう寄せて収納するときに便利です。また、高さの低い棚の仕切りとしても活用できます。
一般的なサイズのブックエンドであれば、冷凍庫内の仕切りにすると、立てて保存してある食材を取り出しやすくできますし、すき間ができたらどんどん詰められるので、見た目もすっきりします。

●小分けパック(小さいサイズのタッパー)
小分けにできるパックや小さいタッパーは、刻んだ薬味、サラダ用にカットしたトッピング、少しだけ余った食材などの保存に便利です。それほどスペースを取らず、容器ごと冷凍もできるので、必要なときに備えて細々とした食材を保存しておくことができるでしょう。

●シリコンボックス
生野菜は、日持ちする日数や保存に適した状態がそれぞれ異なるだけでなく、使うたびに形状が変わるので、その都度野菜の状態に応じた野菜室を作るのが理想です。シリコンボックスはケースの素材自体がやわらかいため、野菜の形状や収納場所の形状などに合わせ、多少ではありますが、変形させて使うことができます。
野菜にプラスチックケースの跡が付いてしまうこともなく、つるりとした素材なので洗うのも簡単。実用的に使えます。

●アクセサリーケース
2~3段になっている引き出しタイプの透明ケースは、中身がわかりやすく、取り出しやすいという特徴があります。刻んだ薬味を入れた小皿を保管したり、チューブ状のものや小さめの食材、使いかけの食材を入れたりして、さまざまな用途に活用できるでしょう。

家事の効率化はすっきりおしゃれな冷蔵庫から

冷蔵庫の中をきれいに整理すれば、料理を家族に手伝ってもらう際にものを探しやすく、料理の準備にかかる時間の短縮にもつながります。さらに、扉を開け閉めする回数が減れば電気代も節約できるでしょう。きちんと収納されているだけでなく、統一されたアイテムで冷蔵庫内をおしゃれにアレンジすれば、料理も一段と楽しくなるはず。
家事の効率化はすっきりおしゃれな冷蔵庫から。今日から早速、実践してみましょう。