THE FLANDRE MAGAZINE | フランドルマガジン

  • Facebook
  • twitter
  • instagram

MENU

  1. HOME
  2. ビューティー
  3. インナービューティーダイエットとは?体の中からきれいを目指す方法

インナービューティーダイエットとは?体の中からきれいを目指す方法

ビューティー


インナービューティーダイエットとは、腸を整える食事法などを実践して体の内側からきれいになることです。美腸に注目した料理を食べたり、ヨガを取り入れたりすることで、体の内側から美しくなり、それが日常生活における幸せにつながるといわれます。
今回は、インナービューティーダイエットの基礎知識から日常生活への取り入れ方についてご紹介します。

【目次】
1. インナービューティーとは
2. 日常生活への取り入れ方1:食生活の改善
3. 日常生活への取り入れ方2:アロマやハーブでリラックス
4. 日常生活への取り入れ方3:インナービューティーヨガ
5. インナービューティーを手に入れるために

インナービューティーとは

インナービューティーとは日々の食事をおろそかにせず、体が必要とする栄養素を食べ物から取り入れることで体の内側から自分自身を整えてきれいになることです。

●体を内側からきれいに整えること
体を内側から整えるには、食生活を見直すことが大切です。日々の仕事や家事に追われていると、ファストフードやコンビニのお弁当などで食事を済ませてしまうときもあるでしょう。忙しいときは仕方がないですが、適当な食事を毎日続けていると、きれいで健康な体は作れません。
私たちの体は食べ物から取った栄養から作られています。体を整えるには、まず腸をきれいにすることです。なぜなら、腸に老廃物が溜まっていると、肌が荒れたり、体に必要な栄養素の吸収効率が低くなったりするからです。旬の野菜や栄養素が多く含まれている食材、発酵食品などを食事に取り入れ、腸にやさしい食事をすることによって体は内側から次第にきれいになるのです。

また、インナービューティーは、体だけでなく心も豊かにすることを目的にしています。体が健康であれば好きなことをして、行きたい場所に行くことができますし、それが幸福感にもつながります。それがすなわちメンタルヘルスケアということであり、体と心の両方が健康であることによって、真の美しさを手に入れられるでしょう。

●効果は徐々に現れる
インナービューティーの効果は、ゆっくりと現れます。絶食や激しい運動のように、急激に体重が減るというわけではありません。
しかし、日々の食事を整えることで、リバウンドしにくい継続的なダイエット効果が期待できます。

●インナービューティーを意識するメリット
インナービューティーを意識すると、心が穏やかになり精神状態が安定します。それはきちんとした食事を取ることを心がけることによって、自分自身を思いやることができるからです。
そして、体が欲するものに耳を傾け、食事の内容を整えれば、悩んでいた肌荒れの改善やダイエットの成功につながり、より一層前向きな生活を送れるようになるでしょう。

日常生活への取り入れ方1:食生活の改善

体は、摂取した食べ物から作られています。美しさを手に入れたい人にとって、食生活を改善することは、とても効果的です。

●食材について学ぶ
食材の栄養素や効能を知っていると、自分の体調が優れないときや肌荒れが気になるときなど、状況に応じて必要な食材を選ぶことができます。
例えば、食材には体を冷やすものと、温めるものがあります。代表的な食材として、夏が旬のナスやゴーヤ、地面の上にできるレタスやホウレンソウなどの野菜は体を冷やす食材です。反対に、冬が旬のカボチャや秋から冬が旬のニンジン、地面の下にできるネギなどの野菜は、体を温める食材です。体を温めるから良い食材というわけではなく、それぞれの食材をバランス良く食事に取り入れることが大切です。

また、食材には正しい切り方があります。例えば、大根は内側よりも外側に栄養素が多く含まれるため、皮ごと輪切りにしてから千切りにすると含まれる栄養素を無駄なく取り入れられます。切り方によって摂取できる栄養素も変わるのです。

●正しい食べ方を学ぶ
食事はなんとなく口に運ぶのではなく、正しい食べ方をすることが重要です。人は食事をするだけでエネルギーを使います。ゆっくりと良く噛んで食べることは、食べ過ぎを防ぎ、かつ、消費カロリーをアップさせます。
食事の回数は、1日に必要な栄養素やカロリーが不足しないように心がければ、1日3食にこだわる必要はありません。しかし、体に脂肪がつきやすい22時から2時までの間は、食事をしないほうが望ましいでしょう。

消化器官を休ませ、体をリセットさせたいときは「ファスティング」という方法があります。ファスティングとは、短期間食べ物を取らずに断食をすることによって、内臓の働きを休め、体に溜まっている毒素や老廃物を排出させる方法です。「準備期」「ファスティング期」「復食期」の3つのステップに分かれており、それぞれのステップに注意点があります。ファスティングは、専門家の指導に従いながら行いましょう。

●料理教室を活用する
インナービューティーダイエットの方法がわからないという人のために、専門の料理教室があります。講師が旬の食材を使ったレシピやヘルシーな調理方法などを教えてくれるので、初心者でも簡単に始められます。料理教室でインナービューティーダイエットに特化したメニューを学ぶと、家庭でも自分で作れるようになります。
また、同じように体の中からきれいになることを目指している仲間と出会うことで、モチベーションも上がるでしょう。

日常生活への取り入れ方2:アロマやハーブでリラックス

インナービューティーダイエットでは食事を見直すだけでなく、アロマやハーブを日常生活に取り入れることも体の内側からきれいになるために有効です。

●ストレスをためないことがポイント
ストレスは体だけでなく、美容面や心にも悪影響を及ぼします。体への影響としては、脈拍の乱れや血圧の上昇、不眠などがあり、美容面では肌が荒れやすくなったり、シミ・ソバカスが増えたりします。ストレスがあると心は満たされず、イライラしたり、ふさぎこんだりして不安定になりがちです。
こうした状態を防ぐために、ストレスを適切に解消することが重要なのです。

●アロマの活用方法
香りには、リラックス効果があります。例えば、アロマバスはアロマオイルの香りと、入浴による温熱効果によって、心も体も高いアロマテラピー効果が期待できます。アロマバスを行う場合は、期待する効果や好きな香りで選んだエッセンシャルオイルを3~5滴バスタブに垂らし、お湯を良くかき混ぜて、香りを楽しみながらゆっくりと浸かりましょう。ただし、アロマバスに適さない刺激の強いエッセンシャルオイルもあるので注意が必要です。
アロマオイルを使ったマッサージもストレス解消に役立ちます。キャリアオイルというマッサージに使われる植物油脂にエッセンシャルオイルを溶かして薄め、マッサージオイルを作ります。そのマッサージオイルを体に塗布して、マッサージを行います。皮膚からエッセンシャルオイルの成分を体内に取り入れることで、高いアロマテラピー効果が得られます。

●インナービューティーに効果のあるハーブの種類と効能
チェストベリーは、インナービューティーに効果があるといわれるハーブです。チェストベリーにはプロゲステロンという女性ホルモンの分泌を正常にする働きがあるとされ、月経前症候群や生理不順などに効果的です。
また、ローズにも同じく女性ホルモンのバランスを整える効果が指摘されています。優雅な香りで心をリラックスさせ、感性を刺激し、幸福感を与えてくれます。

●ハーブの取り入れ方
ハーブは、ハーブティーやデトックスウォーターで日常生活に取り入れることができます。市販のドライハーブを使ってハーブティーを淹れる場合、先にティーポットとカップを温めておき、適量のハーブをポットに入れ、一度沸騰してから一呼吸おいた熱湯を注ぎ香りを逃がさないように蓋をして3~5分おきます。
デトックスウォーターはフルーツや野菜、ハーブなどの食材を組み合わせてミネラルウォーターに加えたものです。ハーブや食材を選ぶことで、目的に合わせた効果を期待できます。

日常生活への取り入れ方3:インナービューティーヨガ

インナービューティーには、ほかにもヨガで取り入れる方法があります。インナービューティーヨガの特徴をお伝えします。

●インナービューティーヨガとは
インナービューティーヨガは、「呼吸」と「子宮」を意識したヨガプログラムです。体幹やインナーマッスルを鍛えることで、太りにくい体の基礎を作ることができます。
インナービューティーヨガの方法は、まず呼吸でリラックスし、骨盤底筋群という膀胱や子宮を支えている筋肉を鍛えます。そして、体を緩めたり、締めたり、リラックスさせたりしながら、女性ホルモンのバランスを整えます。

●インナービューティーヨガの効果
インナービューティーヨガによって、骨盤と子宮を整えることで、女性特有の体の不調の改善が期待できます。生理不順の人にも効果的で、月経前症候群や生理痛などの症状が緩和されたという声も聞かれます。また、ホルモンバランスが整うことで髪や肌がつやつやになるというメリットも指摘されています。

●ヨガ教室を活用する
ヨガ教室を活用すれば、プロのインストラクターがそれぞれの体の状態に合わせて適切に指導してくれます。インストラクターに自宅でできるポーズなどを教えてもらえば、自分で続けることも可能です。「精神が安定する」「感情をコントロールできるようになる」「体調が整う」という効果を感じるためには、思い出したときにたまに行うのではなく、継続的に行うことが大切です。

インナービューティーを手に入れるために

インナービューティーは、日々の食事を食材選びから丁寧に行い、自分自身を見つめることで体の中からきれいになることです。また、心が健康で豊かであることもインナービューティーの重要な要素の一つです。心を豊かにするためにリラックス効果のあるアロマやハーブを日常生活に取り入れたり、インナービューティーヨガを行ったりして、自分に合ったものを無理のない範囲で生活に取り入れましょう。継続的に体を整え、いつまでも内面から美しく輝く女性でいたいものです。