THE FLANDRE MAGAZINE | フランドルマガジン

  • Facebook
  • twitter
  • instagram

MENU

  1. HOME
  2. その他・ライフスタイル
  3. 【2017-2018】秋冬のトレンドカラーを発表!新作アイテムで流行を先取り

【2017-2018】秋冬のトレンドカラーを発表!新作アイテムで流行を先取り

その他・ライフスタイル


ファッションを楽しむ上でアクセントになるのが、トレンドカラーです。トレンドカラーを少し取り入れるだけで、普段のコーディネートが一気に今どきのおしゃれへと変化します。
フランドルでも、秋冬のトレンドカラーを取り入れた新作アイテムを多数展開しています。
今回は、2017年秋冬のトレンドカラーとコーディネートのポイントをご紹介します。

【目次】
1. グラマラスを演出する「赤」
2. ネイビーを引き立てる「マスタード」
3. シックにまとめる「エバーグリーン」
4. 年間を通して人気色となった「グレー」
5. 秋冬のトレンドカラーをさりげなく取り入れよう

グラマラスを演出する「赤」

女性らしい華やかさを演出する赤は、今年の秋冬に最も注目したいカラーのひとつです。

●「赤」の特徴
2017年は、ファッション雑誌やショップのオープニングレセプションなどのイベントで、海外セレブがこぞって赤のドレスやタキシードを身に着けて登場しています。服だけでなく、バッグやピアスなどの小物、パンプスなどの靴も、目の覚めるようなはっきりとした赤が今年のトレンドです。
ボルドーワインのような深みのある「バーガンディ」という赤色も、この秋冬に注目のカラーです。バーガンディのような暗めの赤は秋冬のファッションにマッチし、大人っぽさを演出できるため人気があります。

●「赤」のコーディネートポイント
今年、赤をファッションに取り入れるときは、アクセントとしての差し色ではなくメインカラーとして使うのがポイントです。ジャケットやパンツ、セーターなどの大きな面積で取り入れましょう。
バーガンディカラーのアイテムは、グレーや黒と組み合わせると、品がありシックな雰囲気になります。一方でデニムと組み合わせれば、カジュアルなコーディネートに仕上がります。

●おすすめアイテム
【Luftrobe】ニットビスチェ

zzz-73170002_35

フランドルの秋冬アイテムでは、秋の新作「ニットビスチェ」がおすすめです。落ち着いたワインカラーのビスチェを取り入れるだけで、一気にトレンド感が出ます。ニットビスチェは、ジーンズやワイドパンツ、ロングスカートなどボトムを選ばず、手持ちのシャツやロングTシャツなど、インナーによって着こなしのバリエーションを楽しめるアイテムです。

ネイビーを引き立てる「マスタード」

知的な印象を与えるネイビーは、近年の秋冬定番カラー。鮮やかなマスタードイエローと合わせるのが今年流です。

●「マスタード」の特徴
今季流行のマスタードイエローは、鮮やかな黄色いカラーです。ぱっと目を引く色ですが派手になりすぎないため、大人の女性でも取り入れやすいでしょう。
ネイビーなどの青みがかったカラーは、男女問わず、昨年から引き続き流行していますが、ネイビーはコーディネート次第で地味な印象にもなります。しかし、今年の秋冬は、ネイビーのアイテムを引き立たせてくれる明るめのカラーに注目が集まっています。中でも、ネイビーのトップスにマスタードのスカートを合わせたり、ネイビーのパンツにマスタードのニットなどを組み合わせたりという着こなしがおすすめです。

●「マスタード」のコーディネートポイント
取り入れるときは、マスタードイエローが単色でも目立つカラーのため、ほかのアイテムは黒や紺、白、グレーなどのベーシックカラーで統一しましょう。たくさんのカラーを取り入れるとゴチャゴチャとした印象になってしまうため、全体を2、3色程度でまとめるのがポイントです。

●おすすめアイテム
【CLEAR IMPRESSION】ワイドリブ半袖ニット

zzz-73170001-9

マスタードイエローを使用したフランドルの秋の新作は、ワイドリブ半袖ニットです。袖がハーフ丈で伸縮素材のため、女性らしい身体のラインを強調したコーディネートが可能なアイテムです。そのまま着るのはもちろん、スカートやパンツにインする、ベルトなどでウエストマークしてメリハリをつけるなど、着こなしによって印象を変えられます。ゆるめのパンツに合わせたリラックススタイルから、タイトなスカートなどに合わせるかっちりスタイルまで、デイリーユースで幅広くコーディネートが可能です。

シックにまとめる「エバーグリーン」

近年、秋冬に流行する人気のカラーのひとつにグリーンがあります。深みのある濃いグリーンをコーディネートに取り入れると、落ち着いた印象を与えられます。

●「エバーグリーン」の特徴
秋冬のグリーンカラーの中でも人気の高いエバーグリーンは、深く濃い緑色を指します。色が常緑種の葉に似ていることから、「常磐色(ときわいろ)」などとも呼ばれています。
濃く深みのあるグリーンは、ニットやジャケット、コート、パンツなど、多くの秋冬アイテムに使われています。ベレー帽やタイツに取り入れるのもおすすめです。

●「エバーグリーン」のコーディネートポイント
エバーグリーンは、黒やブラウン、ベージュ、ボルドーなどの落ち着いたカラーと合わせてコーディネートしましょう。柄物と合わせる場合、花柄やチェック柄などを合わせると可愛らしい印象になります。コーデュロイやカシミヤなど、秋冬らしい素材にこだわったエバーグリーンのアイテムを選べば、さらにトレンドを感じられます。

●おすすめアイテム
【CLEAR IMPRESSION】イレヘムプリーツスカート

zzz-73152507-8

濃いグリーンのイレヘムプリーツスカートは、細かいプリーツが軽やかな印象を与える、トップスを選ばないシンプルな無地デザインです。膝のあたりまで丈があるため、トップスに柄物を持ってきても、子供っぽい印象を与えません。ウエスト部分はゴムでできているため、着心地が良く楽なのも特徴です。

年間を通して人気色となった「グレー」

おしゃれが好きな人なら、着回しのきくグレーのアイテムを1着は持っているのではないでしょうか?同じグレーでも、色の濃さによって印象は大きく変わります。

●「グレー」の特徴
グレーは、一年を通して人気のカラーです。今年は薄めのライトグレーや、紫がかった暗めのチャコールグレーなど、幅広いグレーベースのファッションアイテムが登場しています。半袖トップスやスカート、小物など、秋を待たずにチャレンジしやすいトレンドカラーといえるでしょう。
その中でも、ブルーグレーは青とグレーの中間のようなカラーです。ほかのグレーと比べて淡く柔らかい印象のため、ワンピースやコートなど、広い面積で取り入れても暗い印象になりにくいのが特徴です。

●「グレー」のコーディネートポイント
ワンランク上のコーディネートを目指すなら、全体をグレーベースでまとめてみましょう。グレーは主張しすぎず上品に見えるため、オフィスなどにも着ていきやすいカラーです。明るめのグレーとダーク系のグレーを合わせるなど、グレーでも異なる色を組み合わせることでコーディネートに変化を持たせます。
また、ニット素材のトップスにシフォン素材のスカートを組み合わせるなど、素材が異なるグレーのアイテムを取り入れると、より上級なコーディネートになります。

●おすすめアイテム
【INED25周年記念】ファーポケットカラーレスコート《PONTETORTO》

zzz-74111007-12

ファーポケットカラーレスコートは、イタリアのファブリックメーカー「PONTETORTO」の生地を使ったコートで、両サイドにはフェイクファーポケットが付いており、全体のアクセントになっています。膝下まであるロング丈でゴージャスさがあり、1枚羽織るだけでトレンド感が出るアイテムです。ベージュや白など、優しく見えるカラーをインナーに合わせることで、より女性らしい雰囲気になります。

秋冬のトレンドカラーをさりげなく取り入れよう

普段と変わらないコーディネートでも、トレンドカラーを取り入れるだけで、流行の秋冬のファッションを演出できます。初めてトレンドカラーを取り入れる人は、トップスやスカートなど、ワンアイテムから取り入れてみることをおすすめします。
フランドルのトレンドカラーアイテムは、デイリーから特別なシーンまで、着こなしやすいデザインのものが中心です。この秋冬はトレンドカラーを上手に組み合わせて、流行をさりげなく取り入れたファッションを楽しんでみてはいかがでしょうか。