THE FLANDRE MAGAZINE | フランドルマガジン

  • Facebook
  • twitter
  • instagram

MENU

  1. HOME
  2. ファッション
  3. カシミヤは自宅で洗濯できる?縮ませずに手洗いで風合い保つ洗濯方法

カシミヤは自宅で洗濯できる?縮ませずに手洗いで風合い保つ洗濯方法

ファッション


上品な光沢とやわらかな肌触りが魅力のカシミヤニット。見た目の良さと優れた機能性を兼ね備えた人気のアイテムです。ただし、上質であると同時にデリケートな素材のため、扱い方やお手入れ方法を誤ると、カシミヤの良さが損なわれてしまう恐れがあります。「カシミヤの洗濯はクリーニング店にお任せ」という人も多いかもしれませんが、実はきちんとポイントを押さえれば、自宅での手洗いで十分に品質を保つことができます。
今回は、カシミヤの美しさと風合いを長持ちさせるために、知っておきたい正しいお手入れのポイントと自宅での洗濯方法をご紹介します。

【目次】
1. カシミヤの特徴
2. こまめなお手入れでカシミヤを綺麗に保つ
3. カシミヤを自宅で洗濯する方法
4. カシミヤの注意点
5. 大切なカシミヤを長く楽しもう

カシミヤの特徴

カシミヤとは、「カシミヤヤギ」から採取した毛で作られた毛織物のことです。高級素材として、セーターやストール、マフラー、コートなどに使われています。

カシミヤは毛質が非常に細くて柔らかく、密度が高いのに軽いという特徴があります。独特のぬめりが上品な光沢としなやかさを生み出しており、その美しさと肌触りの良さから「繊維の宝石」と呼ばれています。
織物として使われるカシミヤは、カシミヤヤギの表面の毛ではなく、内側に生える柔毛だけから採取されたものです。一般的にカシミヤのセーターを作るためには、カシミヤヤギ約4頭分の毛が必要です。採取するのに手間がかかり、1頭から取れる量も少なく貴重なことから、カシミヤは高級素材とされています。

カシミヤのニットは、軽くて柔らかく、保湿性・保温性に優れています。吸水性が良く、汗をかいても素早く吸水し発散することができるので、暖かさをキープしつつ蒸れずに快適に過ごすことができます。また、伸縮性にも優れているため、型崩れしにくい点もメリットです。
一方で、カシミヤは短い毛を束ねて繊維糸にしたものを織物にしているため、繊維同士が絡まってしまい毛玉ができやすいというデメリットがあります。また、吸水性は良いものの撥水性が弱いため、水分を多く吸うと染みになったり、縮んでしまったりすることもあります。

こまめなお手入れでカシミヤを綺麗に保つ

普段からこまめにお手入れをすることで、デリケートなカシミヤを良い状態に保つことができます。強く擦ったり熱を加えたりするとカシミヤの風合いを損ねてしまうので、丁寧に扱いましょう。

●普段のお手入れ
カシミヤの日々のお手入れで重要なのが、ブラッシングです。ブラッシングによって、繊維の隙間に入り込んだほこりを落とし、毛流れを整えると、毛玉ができにくくなります。
ブラシは天然素材の柔らかいものを使いましょう。馬毛を使用した、毛足のやや長めのブラシがおすすめです。ブラシで強く擦ってしまうと、逆に繊維を傷つけてしまう恐れがあるので、手首のスナップを利かせて小刻みに払うイメージを持つと良いでしょう。

●汚れや染みは早めに取る
汚れや染みは、時間が経つと落ちにくくなり、放置してしまうと虫食いの原因にもつながります。気づいたらすぐにケアしましょう。
染み抜きにはドライクリーニング対応の中性洗剤を使用します。柔らかいタオル、またはコットンパフに薄めた洗剤を含ませ、染みの部分に当てて優しく拭き取ります。取れない場合は無理に擦ったりせず、トントンと染みの上から軽く叩くようにして染みの部分と周囲に洗剤をなじませます。その後、染みの部分とその周囲に水で濡らしたタオルを当てて洗剤を拭き取り、形を整えて干します。

●一日着たら繊維を休ませる
一日着たら一日休ませ、連続して着用しないようにするのも、カシミヤを綺麗に保つポイントです。着用し続けると衣類が傷みやすく、型崩れや毛玉ができる原因になります。着用後は繊維を休ませ、一度リセットしてあげましょう。

カシミヤを自宅で洗濯する方法

「高級素材のカシミヤを自宅で洗濯するのは不安」という人も多いでしょう。しかし、ポイントを押さえれば、手洗いでも十分に風合いを保ち、品質を長持ちさせることができます。

●洗剤
一般的な洗濯洗剤はアルカリ性のものが多いですが、カシミヤの洗濯には必ず中性洗剤を使用しましょう。カシミヤ専用の洗剤やホームクリーニング対応のもの、おしゃれ着洗い用などメーカーによって表記は違いますが、中性のものを使用し、容器に記載されている容量を守って洗濯しましょう。

●水温
お湯を使ってカシミヤを洗濯すると、縮みの原因になる場合があります。洗剤が溶ける程度の水温で、20℃前後の常温水を使用しましょう。撥水性の弱いカシミヤは、長時間水に浸すと傷む恐れがあるので、なるべく短時間で手際よく済ませることが大事です。

●洗濯方法
<洗い>
洗面台や大きめの容器を用意し、水を溜めて洗剤を溶かします。カシミヤを入れたら優しく手で押し洗いをしましょう。水を入れ替えて再び押し洗いをしながら、洗剤のすすぎ残しがないように2~3回繰り返します。
洗いやすすぎの際に、もみ洗いはNGです。押し洗いで十分汚れは落ちるので、生地同士を揉み合わせたり擦ったりしないようにしましょう。

<脱水>
すすぎ終わったら、洗濯機の脱水機能を使って脱水します。手で絞ったり、ギュッと押し潰したりすると、繊維が傷んでしまいます。洗濯ネットに入れて、洗濯機の脱水に30秒~1分程度かければ、十分脱水ができます。

<乾かす>
洗濯機から取り出し、形を整えたら平干しして乾かします。ハンガーにかけて干すと肩にハンガーの型が付く上、濡れた重みで生地が伸びてしまいます。平干し用のネットを使うか、バスタオルを広げた上にニットを乗せ、きちんと広げて完全に乾くまで陰干ししましょう。半日ほど乾かしたら、上下を返して干すと乾きが早くなります。
水分を含んだ状態で摩擦が起きると毛玉や縮みの原因となるため、濡れた状態での取り扱いには注意してください。

<仕上げ>
袖口や裾など洗濯でヨレてしまった部分は、手で軽く引っ張るようにして伸ばすことで、ほぼ元通りになります。それでも気になる場合はスチームアイロンで仕上げをしましょう。ヨレが気になる部分にアイロンのスチームを当てて、優しく伸ばしながら形を整えます。
完全に乾いたら、全体を優しくブラッシングして毛並みを整えれば、洗濯終了です。

カシミヤの注意点

デリケートなカシミヤ製品だけに、ほかの衣類とは異なる注意点があります。次の3点をあらかじめ理解しておきましょう。

●クリーニングでも風合いは落ちることがある
カシミヤ製品は、クリーニングに出すという人が多いですが、タグの洗濯表示に「ドライクリーニング可」と表記があったとしても、風合いが落ちることがあります。カシミヤ表面の動物性油脂が、ドライクリーニング用の洗剤によって洗い流されてしまうためです。クリーニングに出すときは、カシミヤを専門に扱っているかどうか、またはカシミヤの取り扱いに実績があるかどうかを確認してからクリーニング店を選びましょう。

●保管方法
保管の際は、虫食いやカビ、紫外線によるダメージに注意しましょう。長期保管する前には、虫食いの原因となる染みがないかチェックし、必要に応じてホームクリーニングかクリーニング店に出して汚れを落とします。着用回数が少なく、クリーニングの必要がないものは丁寧にブラッシングして保管しましょう。
また、湿気はカビ・虫食いの両方を引き起こす原因です。長期保管の前には、湿気の少ない晴れた日に日陰干しをしましょう。クリーニングから返却されたときの袋は取り外し、風通しの良い状態で保管するか、乾燥剤・防虫剤と一緒に密閉空間に保管します。
日光や蛍光灯の光が当たる場所に置いてしまうと、脱色したり、カシミヤの繊維素材そのものが変質したりする恐れがあります。紫外線によるダメージから守るために、保管場所にも気を使いましょう。

●毛玉ができた場合
ブラシによるお手入れである程度は防げても、毛玉はできてしまうものです。できてしまった毛玉は、丁寧に切り取りましょう。一個一個の毛玉を手やハサミで切り取るのは手間がかかるので、毛玉取りブラシがおすすめです。電動のシェーバータイプの毛玉取り機もありますが、繊維の表面を傷つけてしまう恐れがあります。毛玉取りブラシを使用する際は、生地が伸びないよう片手で押さえながら、網目方向に沿って優しくブラシを動かして毛玉を取りましょう。

大切なカシミヤを長く楽しもう

カシミヤはどんなに丁寧に扱っていても、着用によるダメージは避けられません。しかし、ブラッシングや自宅での洗濯なら、クリーニング店に出すよりも迅速にお手入れができ、コツさえつかめば素材を傷めずに良い状態を保つことが可能です。
カシミヤを購入してはみたものの、どのようにケアすれば良いかわからず、悩んでいた人もいるかもしれませんが、普段から自分でこまめにお手入れしてあげることが長持ちの一番の秘訣です。