THE FLANDRE MAGAZINE | フランドルマガジン

  • Facebook
  • twitter
  • instagram

MENU

  1. HOME
  2. その他・ライフスタイル
  3. 【運動会の持ち物リスト】前日までにしておきたい準備と便利なグッズ

【運動会の持ち物リスト】前日までにしておきたい準備と便利なグッズ

その他・ライフスタイル


運動会は、主役の子どもたちはもちろん、保護者である大人にとっても楽しみなイベントです。ただ、保護者の中には「お弁当は何を作ればいいかしら」「運動会には何を持っていけばいいの?」と、少し不安な気持ちを抱いている方もいるのではないでしょうか。
そこでこの記事では、運動会当日を快適に過ごすためのグッズと、家族に喜ばれるお弁当についてご紹介します。普段忙しい人も、記事内のチェックリストを活用して、楽しい運動会を迎えましょう。

【目次】
1. 運動会の必需品!持ち物チェックリスト
2. 運動会前日までにしておきたい準備
3. 運動会のお楽しみ!子どもが喜ぶお弁当
4. 運動会にあると便利な観戦グッズ
5. 家族みんなで準備をすれば、運動会がもっと楽しく!

運動会の必需品!持ち物チェックリスト

まず、運動会の必需品からお伝えします。早めに買い物リストを作って、買い忘れを防ぎましょう。

●お弁当グッズ
・割り箸、紙コップ、紙皿
運動会後の片づけの手間を考えると、使い捨てられる割り箸・紙コップ・紙皿の利用が便利です。たくさん買っておいても大した費用はかからない上、おじいちゃん・おばあちゃんらと一緒に大勢で観戦してお弁当を食べる際も、食器や箸が足りなくなることを心配する必要はありません。
ただし、使用後はゴミとして各家庭に持ち帰りましょう。

・飲み物
運動会当日は、競技に参加している子どもたちだけでなく、観戦する大人たちも、声を出したり動き回ったりするので喉が渇きます。そのため、運動会当日は多めに水分を用意しておきましょう。そうすれば、子どもにもお昼休憩後などに追加の飲み物を渡すことができます。
また、日中の気温が上がりそうなときは、前日から飲み物を凍らせて、当日はクーラーボックスに入れて持参すると冷たい状態で飲めます。ただし、すべての飲み物を凍らせてしまうと、飲みたいときに解凍されていないことがあるため注意しましょう。

●観戦グッズ
・敷物
場所取りができるように、敷物(レジャーシート)は少し大きめのものがおすすめです。早めに行って場所取りをする場合は、敷物に名前を書くなど目印を付けておきましょう。

・記録機器
スマートフォンでも美しく撮影できますが、運動会では高度なズーム機能を使う機会が多いため、できればデジタルカメラやビデオカメラがあると良いでしょう。
前日までに必ず、機器の充電やメモリーの残量を確認しておくことが大切です。また、万が一に備えて予備の充電池やSDカードを用意しておくと安心できます。

●衛生用品
・タオル
タオルは汗や汚れを拭くだけでなく、折り畳んで敷物やひざ掛け代わりにしたり、首にかけて日焼けを防止したりできます。大小それぞれ、少し多めに持参すると良いでしょう。

・ウエットティッシュ、おしぼり、ティッシュ
昼食時は手洗い場が混雑するため、ウエットティッシュやおしぼりがあると便利です。また、除菌スプレーも同様に使えます。ティッシュはさまざまなシチュエーションで利用できるので、多めに用意しておきたい必需品です。

・ゴミ袋
ゴミは各自で持ち帰るのが基本です。そのため、必ずゴミ袋を用意しておきましょう。袋の枚数を少し多めに持参すると、可燃ゴミと不燃ゴミに分別できて便利です。

運動会前日までにしておきたい準備

運動会当日に慌てないように、当日の流れを確認しておきましょう。ここでは、チェックしておきたいポイントを3つご紹介します。

●運動会のプログラム
ベストポジションで観戦するために、子どもが出場する競技が行われる場所と観客席の位置を、プログラムなどを見て確認しておきましょう。また、子どもにも親がいる位置を伝えておくと、カメラ目線の写真を撮影しやすくなったり、お昼休みなどにすぐ会えたりします。

●時間とルール
運動会は時間とルールに則って、整然と行われます。時間については基本的に、子どもの集合時間・開場時間・競技の開始時間などがそれぞれ異なるため、間違えないように注意しましょう。
ルールについても、学校によって場所取りの行列が禁止されていたり、並ぶ場所が決められていたりすることがあります。前日までに、時間とルールを確認しておきましょう。

●持ち込む荷物の確認
テント類、簡易テーブル、椅子、カメラ・ビデオの三脚など、かさばるアイテムを持ち込む際は、学校から配布されている案内などを確認し、持ち込み可能かどうかを確認しておきましょう。一般的な「おすすめグッズ」であっても、学校によっては持ち込みが認められていないこともあります。

運動会のお楽しみ!子どもが喜ぶお弁当

運動会のお楽しみの一つは、お弁当です。頑張る子どもたちを応援するために、いつもよりスペシャルなお弁当を作って、家族みんなでおいしい時間を過ごしましょう。

●食べやすさ
アウトドアで食べるお弁当は、箸などを使わなくても食べられるものがおすすめです。主食はおにぎりやサンドイッチなど、おかずはミートボール・ウインナー・唐揚げなどを中心にピックを刺してつまめると、小さな子どもも食べやすくなります。

●見栄え
できればお弁当の見栄えにも、ちょっとこだわりたいところ。いわゆる「インスタ映え」を意識したような華やかに見えるお弁当を目指すと子どもも喜ぶでしょう。
いつもと同じメニューでも、ウインナーを花やタコなどの形に、野菜をハートや星などの形にカットするだけでも、お弁当全体がグッとかわいく仕上がります。
時間に余裕がないときは、100円ショップなどのお弁当グッズを活用するのも良いでしょう。イラストや模様が描かれたラップでおにぎりやサンドイッチを包んだり、キュートなピックやバランを使ったりするだけでも、彩りが良くなります。少しの工夫で、お弁当をワンランクアップさせられるでしょう。

●フルーツ、デザート
暑い日は喉ごしの良いフルーツやデザートをプラスすると、子どもも大人もリフレッシュできます。さっぱりしたフルーツやゼリーなどは、食後のお口直しにもぴったりです。

運動会にあると便利な観戦グッズ

小学校以上の場合、基本的に運動会は1日がかりです。特に、暑い日は座って観戦しているだけでも体力を消耗します。ここでは、運動会を快適に観戦するためのおすすめグッズを4つご紹介します。

●折り畳める椅子や座布団
敷物に直接、長時間座っていると足腰が痛くなってきます。そこで便利なのが、折り畳める椅子や座布団です。特に、おじいちゃん・おばあちゃんも一緒に観戦するときは、足腰にかかる負担を少しでも軽減するため、簡易な折り畳み式の椅子を用意してあげましょう。ただし、持ち込みが可能かどうか事前確認を忘れずに。

●簡易テント
長時間の屋外観戦は、時に日差しや暑さで体に負担がかかります。また、場合によっては小雨がぱらつくような中での開催もあるかもしれません。
そのようなときにあると便利なのが、ポップアップテントなどの簡易テントです。設営が簡単で、テント自体がコンパクトにまとまるので持ち運びも楽。日差しや風雨から守ってくれます。

●紫外線対策グッズ
運動会が暑い日に開催される場合は、日焼け止め・帽子・日傘・サングラス・アームカバーなどの紫外線対策グッズを活用することが大切です。秋の涼しい日でも、晴れた日は想像以上に紫外線を浴びるため、対策を講じたほうが良いでしょう。サングラスや帽子は、グラウンドの土埃対策にもなります。

●熱中症対策グッズ
日中の気温が上がりそうなときは、うちわや扇子があると良いでしょう。クーラーボックスや保冷バッグの中に、保冷剤と凍らせた飲み物を入れておくと、水分補給だけでなく、首や顔を冷やせて快適です。

家族みんなで準備をすれば、運動会がもっと楽しく!

運動会の準備グッズは多岐にわたるため、リストをチェックしてできるだけ早めに準備しておきましょう。家族みんなで分担して準備すれば、当日の忘れ物を防げるだけでなく、気持ちも一致団結して、より盛り上がれるはず。運動会が子どもたちにとって一生の思い出になるように、保護者は事前準備をしっかりと行って、サポートしてあげましょう。