THE FLANDRE MAGAZINE | フランドルマガジン

  • Facebook
  • twitter
  • instagram

MENU

  1. HOME
  2. ファッション
  3. 帽子の上手な洗い方|汗も汚れも自宅できちんと洗い落とせる!

帽子の上手な洗い方|汗も汚れも自宅できちんと洗い落とせる!

ファッション


帽子は夏場の日よけや冬の防寒、コーディネートのアクセントとして活躍するアイテムです。日々使うものだからこそ、洋服と同じように、帽子にも汗ジミや汚れ、ニオイなどが付着することがあります。しかし、「自宅での洗い方がわからない」と悩んでいる人も多いでしょう。
そこで今回は、帽子の洗い方や、シーズンオフの間もダメージから守るための保管方法、普段からできるお手入れのコツについてお伝えします。

【目次】
1. 失敗しない帽子の洗い方
2. 洗った帽子の干し方
3. 普段からできる帽子のお手入れと保管のコツ
4. 上手に洗ってお気に入りの帽子を長持ちさせましょう

失敗しない帽子の洗い方

どんな素材の帽子も自宅で洗えるわけではありません。まずは、洗えるものとそうでないものの見分け方を押さえた上で、帽子の基本的な洗い方を見ていきましょう。

●洗える帽子と洗えない帽子
帽子を自分で洗えるかどうかは、洗濯表示を確認します。帽子に付いているタグに、手桶に×が付いた「家庭での洗濯禁止」を示すマークがなければ、自宅で洗うことが可能です。手桶のマークの中に液温の限度を示す数字が記載されていれば、洗濯機で洗えます。手桶の中に手を入れているようなマークは、洗濯機ではなく手洗いできることを示しています。
装飾の有無や形にもよりますが、自宅で洗えるものにはポリエステルや綿素材の帽子、ニット帽などが多く見られます。一方、フェルト素材やファー(フェイクファー)の帽子、麦わら帽子などは家庭で洗えない場合がほとんどです。「家庭での洗濯禁止」を表すマークがあったら、クリーニング店に相談してみましょう。

なお、麦わら帽子は基本的に洗えないものがほとんどです。汚れてしまったときは、水に濡らしたタオルで軽く拭きましょう。

※参考:消費者庁「新しい洗濯表示」
http://www.caa.go.jp/policies/policy/representation/household_goods/pdf/laundry_symbols_161111_0001.pdf

●洗うときの手順
取り外し可能な付属品があれば、帽子を洗う前に外しておきましょう。濡らす前にホコリを払っておくことも、大切なポイントです。

色落ちが心配なときは、事前に確かめる方法があります。おしゃれ着用洗剤の原液を含ませた白いタオルなどで、帽子の目立たない部分をトントンと押さえてみてください。タオルに色が移るようなら、色落ちする可能性があるため、家庭での洗濯は避けたほうが良いでしょう。

特に汚れの目立つ箇所があれば、洗濯前に処理をします。おしゃれ着用洗剤の原液を付けて、洗剤のキャップやスポンジで軽くたたくか、歯ブラシに固形石鹸を付けて、優しくこするなどの方法が効果的です。

・洗濯機で洗う場合
洗濯機を使用するときは、以下の手順で洗います。

1. 帽子を洗濯ネットに入れます。刺繍などの取り外しできない装飾がある帽子は裏返して入れましょう。

2. 「ドライコース」や「手洗いコース」などの水流の弱いコースで洗濯します。

3. 帽子が型崩れしないよう、脱水は短めに行います。

・手洗いする場合
帽子を型崩れさせたくないときは、洗濯機よりも手洗いがおすすめです。以下の手順で洗いましょう。

1. 用意した洗面器などにぬるま湯とおしゃれ着用洗剤を入れて洗剤液を作り、帽子を優しく押し洗いします。

2. 洗剤の泡がなくなるまで、優しくすすぎます。

3. すすぎ終わったら、乾いたタオルに帽子をくるみ、水分を取ります。洗濯機で脱水する場合は、型崩れを防ぐため、ごく短時間で十分です。

洗った帽子の干し方

帽子を型崩れさせないためには、干し方が重要です。上手に仕上げるコツと、干す際の注意点をご説明します。

●陰干しする
いずれの素材の帽子も、干すときは風通しの良い日陰を選んで干しましょう。直射日光に当ててしまうと、生地がダメージを受けたり、色あせしたりするおそれがあります。

●キャップやハットはザルに被せる
キャップやハットなど、平干しすると型崩れが気になる帽子は、料理に使うザルに被せて干しましょう。ちょうど合うサイズのザルがないときは、帽子に乾いたタオルなどを詰めてからペットボトルに被せると、なるべく形を保ったまま干すことができます。
なお、帽子を物干し竿にかけたり、洗濯バサミでとめたりして干すのは避けましょう。帽子が型崩れしたり、洗濯バサミの跡が付いたりするので、おすすめできません。

●ニット帽は平干しする
ニット帽の場合は、平干しが基本です。平干し専用のネットや、100円均一などで購入できる干し野菜用のネットを使うと便利です。専用のネットがない場合は、ニット帽の形を整えて洗濯ネットに入れ、ピンチハンガーの上部分に平らに置くといった方法もあります。

普段からできる帽子のお手入れと保管のコツ

普段からこまめにケアしておくと、帽子のダメージを最小限にとどめることができます。ここでは、簡単にできるお手入れ方法と、保管時のポイントをご紹介します。

●お手入れのコツ
あまり汗をかかない季節でも、帽子はホコリによって意外と汚れています。帽子を着用した後は、ブラシでホコリを優しく払いましょう。帽子のお手入れ専用ブラシもあるので、天然素材のハットなどを持っている人は、購入を検討してみても良いかもしれません。帽子の形に合わせたカーブがついていてブラッシングしやすく、馬毛などを使用したブラシの毛が目に見えないホコリを取り除いてくれます。豚毛を使用した洋服用のブラシでも代用可能です。

万が一、帽子が雨に濡れてしまった場合は、乾いたタオルなどで水分をきちんと拭き取り、しっかりと自然乾燥させます。ドライヤーで乾かすと、型崩れしてしまうおそれがあります。

また、暑い季節に気になるのが、汗ジミです。帽子の汗ジミ予防には、ライナーテープが効果的です。
帽子の内側の額に当たる部分に貼り付けて使用するテープで、洗えるタイプや使い捨てタイプがあります。消臭・制菌効果や涼感効果があるものなど、さまざまな種類の商品が販売されているので、好きなタイプを選ぶと良いでしょう。
汗をかいたり、汚れが付いたりしたら、取り外して洗濯または交換できるので、帽子を清潔な状態に保てます。ファンデーションによる汚れも防げるので、お気に入りの帽子を汚したくない人は、付けておくと安心です。

●保管する際のポイント
帽子は風通しの良いところに保管しましょう。湿気の多いところに保管しておくと、帽子が型崩れしたり、カビが生えたりするおそれがあるためです。また、変色を防ぐため、直射日光や蛍光灯の紫外線が当たらない場所を選びます。

形の違う帽子を重ねたり、コート掛けなどに掛けたりして帽子を保管するのは避けましょう。型崩れの原因になります。タオルなどを中に詰めて、帽子保管用の箱にしまうのがベストです。箱がない場合は、厚紙で作った筒に帽子を逆さまにはめ込んで、通気性の良い布などで包む方法もあります。長期間保管するときは、防虫剤も入れましょう。

上手に洗ってお気に入りの帽子を長持ちさせましょう

どんなにおしゃれな帽子でも、汗ジミや汚れが目についてしまっては台無しです。洗濯表示を見て問題がなければ、帽子は自宅でも洗えます。
今回の記事を参考に、まずはお手持ちの帽子のタグをチェックしてみましょう。例えば子どもの帽子も、自宅できれいに汗や汚れを落とせるかもしれません。洗濯する際は、できる限り手洗いで優しく丁寧に洗い、型崩れに注意して干しましょう。
また、洗濯できるかどうかにかかわらず、帽子の汚れは普段のこまめなケアで防ぐことが大切です。被った後はブラッシングでホコリを落とし、形を整えてから保管しましょう。
上手に洗って、保管方法に気をつければ、お気に入りの帽子が長持ちするはずです。